フォーエバー・ツリー・ネットワークとは?

「人々が参加しやすいWinWinの環境保全の枠組みを作ろう!」

日本のこれまでの「樹木治療」の多くは、行政による補助と支援へ頼らざるを得ない割合が高く、 “治療が必要な木々の9割に治療が行き届いていない”ともいわれる危機的な状況となっています。 我々樹木医も「御先祖から受け継いできた木を我々の代で枯らしたくない」「誰に頼んでいいかわからない」 「費用がかかりすぎて躊躇してしまう」といった、多くの皆様からの声を聞いてきました。 現在、行政の支援のみならず、一般の人々や企業、法人など、 多くのサポーターのみなさんたちが一体となった「共同支援による樹木治療」が求められているといえます。 私たちNPO法人「フォーエバー・ツリー・ネットワーク」は、 人々と行政、企業と法人が協力しあって、多くの「助けを必要としている樹木たち」への治療への共同参加と、 広く自然環境保全教育を行っていけるネットワークづくりのお手伝いを致します。

フォーエバー・ツリー・ネットワークの取り組みの流れ

樹木保全の経費について

たとえば六代御前のケヤキの場合・・・

法人会員について